タグ:地震 ( 3 ) タグの人気記事

お水と罪悪感

私の住んでいる横浜市でも、
水道水から放射性物質が検出されたというお話を聞いて
スーパーやコンビニから一気にお水がなくなりました(汗)

市のHPで、市内の放射線量と水道水の放射線量をチェックする日々です。

検出された量は、規定値を下回っているから安全ということなのですが、
私たち大人はいいとして
まだ1歳半のナツにはやっぱり念を入れてミネラルウォーターがあった方がいいね、ということになり、
おととい地元を探し歩いたのですが、2リットルのペットボトルは見つからず。
かろうじて310ml入りのクリスタルガイザーを3本買えました。
でも、ナツ用の麦茶を作って、ご飯を炊くお水として使う
(とにかくご飯をモリモリ食べる子なので、一応ご飯を炊く時もミネラルウォーターを使いたい)
には足りなさすぎます(;;)

一応我が家ではアルカリイオン浄水器を使っていて、
メーカーの説明によるとヨウ素131は電気分解の際にマイナスイオンに分解され、
酸性水に吸収されて排出されるので、飲み水として使うアルカリ水は安全。
ということなのですが…。
電気分解とはいえ、家庭用の浄水器にそこまでの力があるのか?と若干疑問視…。

今日はお水騒動も一段落したのか、最寄りのスーパーに行ったら
2リットルボトルもちらほら見かけました。
やれやれ=3

なんだか、何かが足りないだの危ないだのと、
地震以降そんなのに振り回されっぱなしな気がして勝手に疲れている私です。
被災地の方々はもっと大変なのに…と思ってお水を買う時の罪悪感といったら。
でも、子供は守らないと、と思うと、
自分でこうしたいと思うことと、実際にしていることのギャップに嫌気がさすこともあります。
買い占めだけはしないように、節度は忘れないでいたいものです(><)
[PR]
by pieni-koti | 2011-03-27 00:28

いつも通りの生活を

首都圏では、スーパーなどでの買い占めが問題になっていますね。
我が家の近所のスーパーも、
開店前から行列ができ、その後も混雑を防ぐために
50人ずつ入場制限をかけて買い物客がなだれ込まないようにされています。

お米は相変わらず品薄。
牛乳は一人1本まで、という張り紙が貼られ、
オムツも同様の紙が貼られていました。

みんな不安なのでしょう。
”あの人が買っているから、私も”と
さして必要でもないのにカゴに入れてしまう心理は、とてもよくわかります。
私も、”もし必要な時になかったら…”と思うと、
ついいらぬものにまで手が伸びてしまいそうになります。
ストックがあるのに、これでは足りないように思えることも、あります。
でも、意識して日常生活を営むようにしなくては。
本当に物資を必要としているのは、私たちではなく、被災地の方々。

ダンナさんは、物流に携わる仕事をしているのですが、
お取り引きのある物流会社の方は皆さん大混乱しているそうです。
ニュースでも取り上げられていましたが、主に、ガソリンの不足。
道路状況も影響していることでしょう。
物資はあるのに、届けられない。
皮肉です。
窓口に出せば届くことが当たり前だったけれど、その『当たり前』が今は難しいのですね。
ダンナさんの仕事に関わることなのに、今まで物流ってあんまり関心を寄せていませんでした。
今回の事態で、その重要性がとても良くわかりました。

1日も早く、この混乱がおさまりますように。
わたしにできること。
節電。
車を使わない。
必要以上に買い込まない。

いつも通りの生活をすること。
でも、緊張を保ち続けていること。

おととい、座敷ほうきを買いました。
しばらく、家の掃除はほうきと雑巾ですませます。

今日もこれから計画停電で日没頃まで電気が止まります。
外は冷たい風が吹いているけれど、家の中には日も射すし、ちゃんと着込めば寒くありません。
電気があることのありがたさを実感します。
[PR]
by pieni-koti | 2011-03-17 14:06

皆様ご無事ですか

久々のブログ更新がこのような内容であることが悲しいです…。

東日本を襲った大地震から、3日半経ちました。
地震の被害に遭われた皆様、不運にも犠牲となった皆様に
心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

我が家と近所にある実家は、地震直後から停電となり、
復旧するまでのおよそ6時間、あまり情報も入ってこないまま
電力が回復するのを待っていたのですが、(ラジオや懐中電灯を常備しておかなかったことを後悔…)
その後にテレビで見た東北の悲惨な状況に絶句しました。

まさか、こんな大災害を引き起こした地震だったなんて、という気持ちでした。
今まで経験した中で一番大きな地震だな、とは思っていましたが。
私の住んでいる地域は震度5強で建物にも被害はなく、
幸い家の中のものも倒れたり割れたりせずに済んでいたので、それとの落差にただ愕然です。

都内の会社にいたダンナさんは帰宅難民となってしまい、
事務所で一夜を明かして、翌日の昼過ぎにようやく合流できました。
一度だけ繋がった電話やメールで安否確認はできていたものの、
震源地が徐々に南下の様相を呈していたので、
いつまた大きな余震に襲われるかわからないなかで離れているのはとても恐かったです。
金曜日の夜は結局一睡もできず。
会えた時、こちらに歩いて来るダンナさんを見つけてなんだか安心して泣いてしまいました。

今日から東京電力管内は地域を5ブロックに分けての輪番停電が始まりましたね。
私の住んでいる地域は、第3グループだったので今日の停電はなかったのですが、
明日以降は朝から停電することになるみたいですね。
被災地の方々、今この瞬間にもライフラインの復旧作業に当たられている方々、
原発の復旧に当たられている方々のことを思うと、
今自分になにができるのか、考えずにはいられません。
差し当たってはとにかく節電ですね。
と、いうことはこんな時間まで起きていないでさっさと寝なくてはなのですが(><)



今日は、なんだか不思議な1日でした。
近所のスーパーは開店前から長蛇の列ができ(いつもならありえない)、
お米・水・パン・カップ麺類はあっという間になくなってしまっていました。
その後入場制限がかけられたりと、異様な混雑ぶり。
お隣のドラッグストアではオムツが品切れ状態でした。
最寄りの駅は、JRが終日運休したために日中だというのに無人のホーム。
周辺のガソリンスタンドはどこも売切。
一見、いつも通りの日常を営めているようで、でもやはり異常事態なんだ、
ということを強く思いました。

なんだか気分も滅入ってしまいそうになりますが、
ネットやツイッターなどで世界各国からの励ましや心温まるエピソードなんかを読んだりすると、
まだ日本は大丈夫、という気持ちになれます。

日本全体で、この状況を乗り越え復興できるように
頑張らなくては、ですね。
私も、微力ながら自分にできることを頑張ります。
[PR]
by pieni-koti | 2011-03-14 23:37