<< お水と罪悪感 皆様ご無事ですか >>

いつも通りの生活を

首都圏では、スーパーなどでの買い占めが問題になっていますね。
我が家の近所のスーパーも、
開店前から行列ができ、その後も混雑を防ぐために
50人ずつ入場制限をかけて買い物客がなだれ込まないようにされています。

お米は相変わらず品薄。
牛乳は一人1本まで、という張り紙が貼られ、
オムツも同様の紙が貼られていました。

みんな不安なのでしょう。
”あの人が買っているから、私も”と
さして必要でもないのにカゴに入れてしまう心理は、とてもよくわかります。
私も、”もし必要な時になかったら…”と思うと、
ついいらぬものにまで手が伸びてしまいそうになります。
ストックがあるのに、これでは足りないように思えることも、あります。
でも、意識して日常生活を営むようにしなくては。
本当に物資を必要としているのは、私たちではなく、被災地の方々。

ダンナさんは、物流に携わる仕事をしているのですが、
お取り引きのある物流会社の方は皆さん大混乱しているそうです。
ニュースでも取り上げられていましたが、主に、ガソリンの不足。
道路状況も影響していることでしょう。
物資はあるのに、届けられない。
皮肉です。
窓口に出せば届くことが当たり前だったけれど、その『当たり前』が今は難しいのですね。
ダンナさんの仕事に関わることなのに、今まで物流ってあんまり関心を寄せていませんでした。
今回の事態で、その重要性がとても良くわかりました。

1日も早く、この混乱がおさまりますように。
わたしにできること。
節電。
車を使わない。
必要以上に買い込まない。

いつも通りの生活をすること。
でも、緊張を保ち続けていること。

おととい、座敷ほうきを買いました。
しばらく、家の掃除はほうきと雑巾ですませます。

今日もこれから計画停電で日没頃まで電気が止まります。
外は冷たい風が吹いているけれど、家の中には日も射すし、ちゃんと着込めば寒くありません。
電気があることのありがたさを実感します。
[PR]
by pieni-koti | 2011-03-17 14:06
<< お水と罪悪感 皆様ご無事ですか >>